©︎IACK 2020

IACKフェア:アートブックの現在地
会期:2月7日(金)-3月8日(日)
会場:蔦屋書店2号館 1階 写真コーナー平台

「写真集、作品集、アートブック、アーティストブック、ジン。

呼称やニュアンスの違いはあるものの、これらの「本」は全て、現代の写真家たちの作品制作と発表においてかつてなく重要な役割を担っている。特に去りし10年代においては作家や個人たちの手により、本というフォーマットを用いた活動と表現の可能性が世界各地で模索された。

デジタル技術やプラットフォームの発展が進む中、なぜ彼らは本という形態に注目し、そしていかにして本は現代写真における最重要メディアとなったのか。」


この度IACKは代官山蔦屋書店にて、ささやかなフェアを開催いたします。

当フェアは弊店がディストリビューションを行うタイトルを中心に、表現としてのアートブックがどのように発展し、そして現在どのようなスタイルで作品集が制作されているかという点に注目します。

また2月14日(金)には、写真家の横田大輔氏をゲストに迎えたトークイベントが開催されます。作品集というメディアが写真家にとって重要である、ということは今日あらゆる場所で指摘されます。しかし本質的に、作家にとって本という形態で作品を発表するとはどのような意味をもっていたのか。写真集と展覧会を行き来しながら精力的に作品制作を行なう横田氏に話を伺いながら、作家にとって本というメディアがどのように機能してきたのかということを探ります。

東京を拠点に活動するデザインスタジオ、Wellと協働で制作したブックも当イベントにあわせて発売となります。ご来場の際はどうぞお手にとってご覧ください。

【河野幸人×横田大輔 トークイベント:写真表現としてのアートブックの現在】
日時:2020年2月14日(金)
会場:蔦屋書店1号館 2階 イベントスペース
登壇者:横田大輔(写真家)、河野幸人(写真家/IACK代表)
*要予約。参加希望者はこちらのページよりご予約ください。

.

横田大輔(Daisuke Yokota)
写真家。1983年、埼玉県生まれ。2013年、Unseen Photo Fairで「Outset | Unseen Exhibition Fund」を受賞し、2014年にFoam写真美術館で初個展「Site/Cloud」を開催。2016年には「Paul Huf Award」を受賞。2018年にTATE美術館にて「SHAPE OF LIGHT 100 YEARS OF PHOTOGRAPHY AND ABSTRACT ART」にて展示。これまでに『垂乳根』(Session Press、2015)や『VERTIGO』(Newfave、2014)など数多くの写真集を国内外で発表している。

河野幸人(Yukihito Kono)
写真家、IACK代表。 1989年、金沢市生まれ。2011年に渡英し、London College of Communicationにて写真を学ぶ。2014年に発表した作品『Raster』は、アメリカの写真専門ギャラリー「Photo-eye」の主宰する年間ベストブックリストの1冊に選出される。写真家としての活動の傍ら、各国のアートブックフェアへの参加や執筆活動を行うなど、作品集というメディアを軸に多岐に渡り活動。2017年にはオルタナティブスペース、IACKを金沢市にオープン。国内外作家の作品や作品集の展示、販売、ディストリビューションを行う。
www.yukihitokono.com