Tøyen sentrum (2014)
Line Bøhmer Løkken

Hardcover, 205 x 240 mm
160 pages
Limited edition of 600 copies
¥5,800 + tax

オスロに拠点を置く写真家、Line Bøhmer Løkken(ライン・ベーマー・ロッケン)が3年間にわたり、オスロのトゥイエン・センターで撮影した写真を収録。

“その高い塔で秘密の広場を覆って守るかのような、この赤煉瓦の要塞を私は定期的に探索していた。構造上は開放感があるはずなのにどこか狭く感じる。私はその場所に対して「友人」のような親しみを覚えたと主張するつもりはないが、あるいはそれは「知人」のような関係性なのかもしれない。見知った顔と見知らぬ顔が往来し、そして他の屋外の空間同様、天候によって大賑わいの日も閑散とした日もある。

私はその場所のことなら隅々まで知っている。目の細かい櫛を髪にかけるかのように、片方の目で覗きながらその場所に分け入ったからだ。最終的に少しでもその場所に属していると感じたかったので、何かを暴きだすというよりも、理解したいという思いで撮影を行った。にもかかわらず、私たちはうまく分かりあうことができなかったように思う。その場所は秘密を秘密のままにしたがり、そして私は私で十分そこに近づくことができなかった。

この場所は、他のすべての人間が活動を行う場所同様、シチュエーションや偶然の出会いによってその姿を変えていく。スローモーションの映画のように、これらの出来事はいつの間にか音もなく過ぎ去ってしまう。留めておくことなど端から不可能なのだ。トゥイエン・センターの運命は未だわからないが、しかし改修の噂も耳にする。一体具体的に何が、そしてなんのために取り除かれるかは未だ不明のままだ。”

(アーティストステイトメントより)

.

“On a regular basis I have sought out this fortress of red brick, with its tall towers that hover over and protect the partially concealed square. And despite its architectonic openness, it feels confined. I would not claim that we have become friends, this place and I, but one might say that we have become acquaintances of sorts. Familiar and unfamiliar faces appears, and like other outdoor spaces, it fills up and is emptied in accordance with the temperature.

I know each angle, each nook and cranny. I have finecombed the area with my one-sided gaze. Not so much with the desire to disclose, as with the desire to comprehend and understand, so that I can finally feel some sense of belonging. Despite this, we cannot quite manage to gain one another’s confidence. It is as though the place wants to retain its secrets, as though I cannot come close enough.

Here, as in all places that contain human activity, the space is defined by situations and encounters. As in a slow-motion film, these incidences glide slowly by, impossible to hold still. The fate of Tøyen Centre is unknown, yet there is talk of a facelift. What exactly shall be lifted and for whose sake, has yet to be seen.”

Line Bøhmer Løkken