One Eyed Ulysses by JM Ramirez Suassi

“あらゆる芸術作品は、鑑賞者がそれぞれルール設定をしなければならないようなゲームのための文脈(余白)を生み出す。” (ハンス・ゲオルク・ガダマー)

.

スペイン人写真家、ファン・ミゲル・ラミレス=スワスィ(Juan Migel Ramírez-Suassi)の自費出版写真集。

『One Eyed Ulysses(一つ眼のユリシーズ)』は、辺境の地での孤独、憂鬱、死との遭遇、そしての自然を一貫したテーマの一つに、2013年から2017年の間にマドリードの外れから市内を中心に行われたあてのない旅において撮影された写真を収録している。

この写真集の目的は特定の事件や出来事のドキュメントではなく、むしろ我々が現実においてそれらの風景を観察するのと同じ視点から、そして同じ次元のこととして考えることのできるように実際の体験をまとめ上げる事にある。ラミレス=スワスィが引用する哲学者のハンス・ゲオルク・ガダマー(Hans-Georg Gadamer)の一文のように、本作は一貫したテーマを持ちつつも特定のメッセージやテキストは明示しておらず、鑑賞者に解釈を委ねるような作品に仕上がっている。

Shop Online

About

ファン・ミゲル・ラミレス=スワスィ(Juam Migel Ramírez-Suassi)はマドリードを拠点に活動する写真家。独学で写真を学び、2018年に初の作品集『One Eyed Ulysses』を自費出版する。

取扱タイトル一覧
Browse

お問い合わせ
info@iack.studio

.

JM Ramírez-Suassi (1970) was born in Majorca (Spain) and now lives and works in Madrid.

Works
Browse

Inquiry
info@iack.studio