この度 IACKは、国外の大手出版社やインディペンデント出版社を中心に、作家の自費出版作まで幅広い写真集の国内流通を手がける twelvebooksを迎え、2010年以降の写真集表現に着目した展覧会、『Photobooks after 2010』を開催いたします。

今日における写真集は単にオリジナルに付随するカタログではなく、より多くの人に「流通させる作品」として大きな役割を担っています。一年を通して各国で大小様々なアートブックフェアが開催され、少部数発行の自費出版作がきっかけで無名の作家が一挙に注目を集め、さらには刊行と同時に品切れとなった写真集が作品と同等の価格で取引されることも珍しくないこの状況は「Phenomenon(社会現象)」とも呼ばれ、もはや我々が新しい作品を鑑賞する場所が、美術館やギャラリーといった特定の場所から、より細部へと拡散しているという現実を反映しているといっても過言ではありません。

しかしその一方で、この数年の日本を含む各国は大きな社会的変動の真っ只中にあり、抽象的なものよりアクチュアルなものが推奨され、日常を取り囲むデジタルメディアも急速な勢いで発展を遂げています。本展示では何故このような時代に写真集を読むのか、そして世界の作家たちが本という一見時代錯誤なメディアとどのように向き合い、その中で表現可能性を探ってきたのかということを、2010年という一つの節目を基準にし、同年に設立したtwelvebooksのディストリビューションリストを参照しながら再考することを目的としています。

また通常の展示と同様、今回展示される書籍はそのままご購入いただけます。展示という形態で本をプレゼンテーションすることで本の作品としての側面を強調し、改めて一冊一冊と向き合いながら、自然な形で作品を購入するという体験をしていただければと考えております。

初日には twelvebooks代表の濱中敦史氏をお招きし、IACK代表の河野幸人とのトークイベントも行います。アートブックの世界に身を置いてきた人物から、現在の写真集を取り巻く状況や写真集の楽しみ方、ディストリビューターという仕事についてなど、貴重な話が聴ける機会です。お誘い合わせの上、是非ご来場くださいませ。

【Photobooks after 2010】
会期:2017年8月11日(金)- 2017年8月18日(金)
営業時間:12:00 – 20:00
定休日:月曜日
会場:IACK(金沢)

【IACK x twelvebooks トークイベント】
8月11日(金)18:00 – 19:00
参加費:無料
定員:15名程(予約はこちらよりお願いいたします)

濱中敦史
1984年生まれ。三重県出身。海外留学を経て、2010年にtwelvebooksを設立。イギリスの出版社「MACK」などヨーロッパを中心に海外出版社の国内総合代理店として書籍の流通やプロモーションに加え、関連作家の展覧会企画や来日イベントなど数多くのプロジェクトを手掛ける。日本芸術写真協会(Fine-Art Photography Association)及びTHE TOKYO ART BOOK FAIRではコミッティーメンバーとして運営に携わる。
ウェブサイト:twelve-books.com
instagram:@twelvebooksdistribution

河野幸人
1989年、金沢市生まれ。2011年に渡英し、London College of Communicationにて写真を学ぶ。多数の作品を本の形態で発表し、2014年に発表した作品『Raster』は、アメリカの写真専門ギャラリー「Photo-eye」の主宰する年間ベストブックリストの1冊に選出される。写真家としての活動の傍ら、各国のアートブックフェアへの参加や執筆活動を行うなど、写真集というメディアを軸に多岐に渡り活動を行う。2017年には自身のアトリエ兼ブックショップアンドギャラリーのIACKを金沢にオープン。
ウェブサイト:yukihitokono.com
instagram:@yukihitokono

IACK
住所:石川県金沢市高岡町18-3 (カフェ「INTIME」裏手)
定休日:月曜日
営業時間:12:00 – 20:00
メール:info@iack.studio
ウェブサイト:iack.studio
instagram:@iack.studio>