Cinéma (2011)
Marte Aas

Softcover, 200 x 270 mm
44 pages
Offset Print
Limited edition of 500 copies
¥2,700 + tax

オスロ国立美術館で開催された展覧会『Flm and Photography』にあわせて刊行されたMarte Aas(マルテ・アース)の作品集。『Cinéma』はダンサーのRukmini Chatterjee(ルクミニ・チャタジー)が出演するモノクロ16mmフィルム作品であり、視線やジェスチャーといった要素を介して、表現の観念という課題に取り組んでいる。チャタジーは能動的かつ対立的な方法で観客の鋭い視線と対峙し、そして同時に古代インドの舞踊「バラタナティヤム」に関する非常にはっきりとした身振りを用いることで観客とコミュニケーションを行う。舞台の手法によって、ダンサーと観客の間にはコミュニケーションの均衡を保とうとする行為が生まれる。そしてこの映像作品は、どのようにして東洋が西洋の視線の中に描かれるのか、そしていかに我々が他者を見ているのかということに触れながら、異なる文化圏が重なり合う場所を探求する。本作はバラタナティヤムと同じ方法で感情や意味合いを視覚化するため表現擬態や身体を用いた、20世紀の無声映画や実験映画からインスピレーションを受けて制作された。

.

Cinéma is a black and white 16 mm film showing the dancer Rukmini Chatterjee. Via key elements such as gaze and gestures, the film explores issues on the notion of representation. Chatterjee confronts the spectators glare in an active and confrontational manner at the same time as she communicates by the use of clear gestures related to the ancient Indian dance Bharatanatyam. An act of negotiation appears between the dancer and the viewer by the scenic means of the film. The film thus investigates different cultural meeting points – on how the Orient is represented as seen in the Occident, touching upon how we look at “the others”. Formally the inspiration is gathered from silent movies and experimental film from the 20th century which, in the same way as in Barathanatyam, is using expressive mimic and body language to visualize emotions and meanings.

Marte Aas